トップページ

乾癬の特徴

スポンサード リンク

乾癬とは、皮膚の表面が銀白色になり、雲母の様な鱗屑が生じる皮膚病の総称をいいます。

そして乾癬には色々な種類がありますが、最もありふれたものを尋常性乾癬といい、これ以外にも膿性乾癬や関節症乾癬などがあります。

また乾癬の症状で最も多いのが、頭や額の生え際から始まるフケ症で、徐々に膝やくるぶし等に広がっていき、時々痒みが襲います。

さらにフケ症の状態が数年続くと、他の皮膚にも広がって全体が覆いつくされ、紅皮症という乾癬の最もひどい状態になったり、関節炎を起こすこともあります。

ただし、乾癬は普通のウイルス性の皮膚病とは違い、感染することはありません。

しかし乾癬は遺伝子が関係しており、家族に乾癬の人がいると遺伝するケースがあります。

なお乾癬の発症年齢は、20代から70代まで広い年齢層に渡り、幼児期や10代から発生することもあります。

リンク集

最終更新日:2011/06/24